男性もネイルサロンに

ネイリストを目指している方であれば、ネイリスト求人だけではなく最新のネイル事情についても通じておきたいところです。
ネイルのトレンドは毎年のように変わっていきますが、その中でも新たな潮流が生まれつつあります。
それは、男性がネイルサロンに通うという光景です。
今回は男性が行うネイルケアとネイルサロンでの施術について詳しく見ていきましょう。

爪をおしゃれに飾るのは化粧と同じで女性の特権と考えている人は、その認識を改めることをおすすめします。
一昔前までは、男性が日焼け止めや化粧水を塗ることさえも一般的ではないとされていました。
しかし現在では男性用のコスメやスキンケアアイテムまで販売されています。
だからといってすべての男性が化粧をするようになったというわけではなく、
身だしなみの一種としてこういったアイテムを活用するようになったのです。

その背景には清潔感というキーワードが存在します。
清潔感がある人を不快に思うでしょうか?
ビジネスシーンやプライベートにおいても、清潔感を持った男性が虐げられる姿を目にした人は少ないと思います。
ネイルケアもそんな清潔感を演出するための手法なのです。
ネイルサロンで爪のお手入れをする男性が増えているのはこうした事情があるからです。
では、具体的にどのようなケアを行っているのでしょうか?

男性はマニキュアやジェルネイルを付けることは少ないので、
基本的にはファイリングと甘皮の処理をすることになります。
ファイリングとは、やすりを使って爪の長さを整えるケアです。
女性の場合は爪の形を変えてネイルを乗せるための下地作りに移りますが、
男性の場合は自然なバランスを意識して爪にやすりを当てていきます。
甘皮を剥がしたら、最後にコーティング剤を塗って爪に輝きを持たせるのです。
コーティング剤といっても、マニキュアのような着色ではなく、
車のワックスと似たようなものと考えていただければわかりやすいでしょう。

ネイルサロンによってはハンドマッサージなどのサービスをオプションとして付けることも出来ます。
ネイルサロンでは爪のお手入れだけでなくリラックス空間としての需要もあることを知らない男性も多いのです。
そのため、男性が初めてネイルサロンを訪れると、あまりにも心地良い空間にビックリすることも少なくないのです。
数年後には、爪のお手入れをするのが男性の中で常識に変化しているかもしれませんね。
ネイリストとして働きたいと考えている方は、男性の顧客が来たときに焦ることの無いような心構えと、ネイルケアの技術を磨いておきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA