Latest Posts

ネイリストと独立

ネイリスト求人に載っている職場に就職するということは、誰かに雇われる立場に身を置くことを意味します。
右も左もわからない初心者ネイリストであれば、こうした職場に就職して頼りになる先輩や上司から様々な技能を吸収することも重要といえます。
しかし、人間はときに変化を求める生き物です。
いつまでも同じ職場にいては飽きてしまいますし、人間関係がいつまでも同じだと職場の雰囲気もマンネリ化します。
こうした空気を打破するために、独立を考えるネイリストも少なくないのです。
今回は、将来独立しようと考えたときに役立つ、ネイリストの独立の方法について詳しくご紹介します。

ネイリストが独立する方法としては、自分でお店を持つというのが最もイメージしやすいかもしれません。
しかし、ネイルサロンを開くには数百万円の資金が必要となります。
それを用意するだけでも難しいですし、経営が上手くいかなかった場合は負債を抱えてしまうのです。
こうしたリスクを回避するために、自宅をネイルサロンにするという人も増えています。
いわゆる自宅ネイルサロンと呼ばれるものですが、実際所これだけで食べていくのは難しいという人も少なくありません。

自宅ネイルサロンの場合、どうしても接客スペースが手狭になってしまう傾向にあります。
さらには、自宅の周辺にいる人たちが主な客層になりますから、性別や年代によっては集客を見込めないことも多いのです。
こうしたケースでもネイリストとして活動したい場合は、出張ネイリストに転身しましょう。
出張ネイリストとは、お客の自宅や介護施設などに出張してネイルケアやネイルアートを施すネイリストです。
これなら自宅に店舗を構える必要が無いので、集客に躍起にならずに済みます。
初期費用も最小限で済むので、リスクが少ない商売といえるのです。

ただし、お店という看板がない以上、店舗を構えるケース以上に宣伝や広告を工夫しなくてはいけません。
独立する前からお客と親密な関係になっておき、人脈を広げることも重要です。
一見するとお金になりそうもないボランティア活動でネイルの技術を披露するといった活動が、
出張ネイリストの顧客獲得の一因となることもあります。
独立する際に必要なのは、入念な計画です。
失敗してしまったときのことを考えて、次の手を用意しておくことは最小限のリスクで成功を収める秘訣といえます。
自分のお店を構えるのか、自宅ネイリストになるのか、それとも出張ネイリストとして生計を立てるのか。
独立した際のシミュレーションを繰り返しつつ、自分に合った独立の方法を模索していきましょう。

https://www.nailist-jobs.jp/ネイルサロンは増える一方!ネイリストへの転職

ネイル通信講座の選び方

ネイリストになろうという人の前に立ちはだかるのが、JNAやJNECが主催する資格や検定です。
ネイリスト求人を見てみると、こうした資格を取得していることを条件にしている職場が多々見られます。
資格を取得するのは非常に面倒に思えるでしょうが、言い換えると資格があればそれだけ就職に有利というわけです。
今回はネイル資格を取得する方法の中でも、ネイル通信講座の選び方について詳しく見ていきましょう。

ネイル通信講座のメリットといえば、場所や時間を選ばずに勉強を進められる点です。
日中はアルバイトでお金を稼ぎつつ、夜にネイル通信講座で勉強をするという人もいるでしょうし、
お子さんや旦那さんが寝てからネイル通信講座で知識を蓄えるというスタイルで勉強する主婦の方もいることでしょう。
ネイル通信講座は学習スタイルが自由なだけではなく、講座の取得方法も受講者の側に委ねられていることが多いのです。
そのため、ネイル通信講座を受講する際には、講座やコースを比較したうえで、どの通信講座にするか決める必要があります。

例えば、ネイリストとして最低限必要な知識や技能が欲しいのであれば、ネイリスト検定を取得するための講座を受ければ良いでしょう。
ジェルネイル検定は、その名の通りジェルネイルを深く掘り下げた資格となっています。
こちらが無くてもネイリストとして就職可能な施設もありますが、持っていると就職の幅が広がることも事実です。
ネイリスト検定とジェルネイル検定の両方がセットになった講座もあるので、どちらも欲しいという人はこうした講座を受講しましょう。
通信専門の講座だけではなく、ネイルスクールが通信講座の教材を扱っている場合もあります。
いわゆるJNAの認定校であれば、教育のレベルや講師の質、
施設などの厳しい基準をクリアした学校の教材をもとに勉強が進められるので、そちらを活用するのも良いでしょう。

ネイル通信講座はスクールでの学習に比べて、技能を向上させにくいといわれています。
確かに、プロの技術を間近で見られるだけでなく、目の前で直接指導してくれるスクールの方が技能は向上しやすいように思えます。
しかし、最近の通信講座はSNSを用いた講師との面談式授業や、
DVDの貸し出しで繰り返しプロの技術を見られるといったサービスも展開しているのです。
技能試験をぜひとも突破したいという人は、こういった講座を取り入れている通信講座に申し込みましょう。
ネイル通信講座はネイルの学習をしたいという皆さんのために、様々な工夫を凝らしています。
値段だけで安易に決めてしまうのではなく、目指している資格を取れるのかという視点からそれぞれの講座を比較していきましょう。

男性もネイルサロンに

ネイリストを目指している方であれば、ネイリスト求人だけではなく最新のネイル事情についても通じておきたいところです。
ネイルのトレンドは毎年のように変わっていきますが、その中でも新たな潮流が生まれつつあります。
それは、男性がネイルサロンに通うという光景です。
今回は男性が行うネイルケアとネイルサロンでの施術について詳しく見ていきましょう。

爪をおしゃれに飾るのは化粧と同じで女性の特権と考えている人は、その認識を改めることをおすすめします。
一昔前までは、男性が日焼け止めや化粧水を塗ることさえも一般的ではないとされていました。
しかし現在では男性用のコスメやスキンケアアイテムまで販売されています。
だからといってすべての男性が化粧をするようになったというわけではなく、
身だしなみの一種としてこういったアイテムを活用するようになったのです。

その背景には清潔感というキーワードが存在します。
清潔感がある人を不快に思うでしょうか?
ビジネスシーンやプライベートにおいても、清潔感を持った男性が虐げられる姿を目にした人は少ないと思います。
ネイルケアもそんな清潔感を演出するための手法なのです。
ネイルサロンで爪のお手入れをする男性が増えているのはこうした事情があるからです。
では、具体的にどのようなケアを行っているのでしょうか?

男性はマニキュアやジェルネイルを付けることは少ないので、
基本的にはファイリングと甘皮の処理をすることになります。
ファイリングとは、やすりを使って爪の長さを整えるケアです。
女性の場合は爪の形を変えてネイルを乗せるための下地作りに移りますが、
男性の場合は自然なバランスを意識して爪にやすりを当てていきます。
甘皮を剥がしたら、最後にコーティング剤を塗って爪に輝きを持たせるのです。
コーティング剤といっても、マニキュアのような着色ではなく、
車のワックスと似たようなものと考えていただければわかりやすいでしょう。

ネイルサロンによってはハンドマッサージなどのサービスをオプションとして付けることも出来ます。
ネイルサロンでは爪のお手入れだけでなくリラックス空間としての需要もあることを知らない男性も多いのです。
そのため、男性が初めてネイルサロンを訪れると、あまりにも心地良い空間にビックリすることも少なくないのです。
数年後には、爪のお手入れをするのが男性の中で常識に変化しているかもしれませんね。
ネイリストとして働きたいと考えている方は、男性の顧客が来たときに焦ることの無いような心構えと、ネイルケアの技術を磨いておきましょう。

通信講座でネイルの資格取得

走り出した列車から降りるのは困難なように、一度軌道に乗ってしまった人生から別の方向にシフトするのは非常に難しいことですよね。
すでに社会人として働いているけれども、ネイリストという夢が捨てきれない。
こういった思いを抱いてネイリスト求人を手に取ってみた方の中には、資格という2文字が重くのしかかっているかもしれません。
今回は、そんな皆さんの救世主となるネイルの通信講座について詳しく見ていきましょう。

そもそも、ネイリストは免許制度ではありませんので、極端な例を言えば一切の経験や知識が無くてもネイリストを名乗ることは可能なのです。
しかし、そんな人たちばかりを雇っていてはネイリストを募集している側にとっても未知数の人材にしか出会えず、ネイル業界にとっても不都合です。
そのため、ネイリスト求人に記載されている職場の多くはJNECやJNAが主催する資格及び検定を所持している人を優遇するのです。
こうした資格は、試験に受かれば誰でも手にすることが出来ます。
特定の学校に通う必要は必ずしもありませんが、実際は多くの人がネイルスクールに通っているのです。

ネイル通信講座はネイルスクールのような学習を自宅でも進めたいという人におすすめです。
働いているせいでスクールに通えない、住んでいるエリアにネイルスクールが無い、
スクールの費用が高くて通うのが難しいという方々は、ぜひネイル通信講座のパンフレットを手に取ってみてください。
通信講座はスクールよりも格段に費用が安く、自分のペースで学習を進められるのが特徴といえます。
仕事や学校、子育てに介護といった毎日の生活の中で暇を見つけることが出来れば、ネイル資格のための勉強に充てられるのです。
ただし、通信講座は一人での学習となるため、競う合う友人無しで勉強を進めなくはいけないこともしばしばあります。

そうするとモチベーションを維持するのが困難になり、投げ出してしまう人がいるのも事実です。
そうならないように、合格保証付きの通信講座を受けることをおすすめします。
合格保証とは、目標としている検定に合格するまで模擬試験などを受けられるという制度です。
もちろん模擬試験はタダではありませんが、本番さながらの試験を何度も受けられるのは心強いですよね。
こうした合格保証のサービスだけでなく、最近のネイル通信講座では受講者が合格に近づくためのサポートが充実しているのです。
スクールに通うような時間とお金の余裕がないけれどネイル資格を取得したいという人は、ぜひネイル通信講座を利用してみましょう。